【驚愕】アメックススカイトラベラー最大17,100マイルの入会キャンペーン!特典とメリット徹底解説!

スカイ・トラベラーカードのメリットや特典は?
年会費以上のメリットがあるのかな?
せっかく発行するなら一番お得な方法で発行したい!
本ブログはこのようなお悩みを解決いたします。
スカイ・トラベラー入会キャンペーン 17,100マイル を獲得する方法を紹介

スカイ・トラベラー・プレミア入会キャンペーン
 37,500マイル を獲得する方法を紹介

スカイ・トラベラーカードの魅力や特典を徹底解説

 15,000マイルあれば、ANA便国内線をどのルートでも往復できます

15,000マイルあればローシーズンはもちろんレギュラーシーズンでも韓国に往復できます!

30,000マイルあればローシーズンのシンガポールやバンコクに往復できます!

 

目次

スカイトラベラー入会キャンペーンで 17,100マイル獲得法

スカイトラベラーカードは年会費(税別)は10,000円、家族カードは5,000円です。

通常に入会すると獲得できるマイル数は3,000マイルだけです。

しかし、「ご紹介プログラム」を利用して入会すると 10,000マイルを獲得できます! 

さらに、ファーストトラベル・ボーナスポイントで5,000マイルを獲得できます。

当ブログはアメックス会員ですので、当ブログから「ご紹介プログラム」を利用し、紹介を受けてカード入会することができます。

 

「紹介プログラム」による申し込み方法

①紹介用ページを受け取る

紹介希望の方は下のボタンをクリックして必要事項(返信用アドレス)を入力頂けますと、紹介用のページを3分以内に連絡いたします。

紹介お問い合わせ

*当ブログでは正式な紹介方法に基づいていますので、確実に紹介の優遇が得られます。
*アドレス連絡無しで申し込み可能な他のブログもありますが、万一紹介ポイントがつかなった場合も私からアメックスへ問い合わせいたしますので安心ください。

② URLをクリックし立ち上がるページで「お申し込みはこちら」をクリック

③ 必要事項を記入し、申し込みで完了

 

確実に17,100ポイントを獲得するために

17,100ボーナスポイントの内訳

  • ご入会特典1;ご入会で3,000ボーナスポイントプレゼント
  • ご入会特典2;ご入会後3ヶ月以内に合計7万円以上のご利用達成で7,000ボーナスポイントプレゼント
  • ご入会特典3;ご入会後1年以内に航空券をウェブサイトから購入した場合、または、指定旅行商品をウェブや指定店舗から購入した場合のいずれか初回に限り5,000ボーナスポイントプレゼント(ファーストトラベル・ボーナスポイント)

7万円ご利用(航空券)による2,100ポイントを合わせて、最大 17,100ポイント!

 

スカイトラベラープレミア入会キャンペーンで 37,500マイル獲得法

スカイトラベラープレミアカードは年会費(税別)は35,000円、家族カードは17,500円です。

通常に入会すると獲得できるマイル数は5,000マイルだけです。

しかし、「ご紹介プログラム」を利用して入会すると 20,000マイルを獲得できます! 

さらに、ファーストトラベル・ボーナスポイントで10,000マイルを獲得できます。

 

「紹介プログラム」による申し込み方法

①紹介用ページを受け取る

紹介希望の方は下のボタンをクリックして必要事項(返信用アドレス)を入力頂けますと、紹介用のページを3分以内に連絡いたします。

紹介お問い合わせ

*当ブログでは正式な紹介方法に基づいていますので、確実に紹介の優遇が得られます。
*アドレス連絡無しで申し込み可能な他のブログもありますが、万一紹介ポイントがつかなった場合も私からアメックスへ問い合わせいたしますので安心ください。

② URLをクリックし立ち上がるページで「お申し込みはこちら」をクリック

③ 必要事項を記入し、申し込みで完了

 

確実に37,500ポイントを獲得するために

37,500ボーナスポイントの内訳

  • ご入会特典1;ご入会で5,000ボーナスポイントプレゼント
  • ご入会特典2;ご入会後3ヶ月以内に合計15万円以上のご利用達成で15,000ボーナスポイントプレゼント
  • ご入会特典3;ご入会後1年以内に航空券をウェブサイトから購入した場合、または、指定旅行商品をウェブや指定店舗から購入した場合のいずれか初回に限り10,000ボーナスポイントプレゼント(ファーストトラベル・ボーナスポイント)

15万円ご利用(航空券)による7,500ポイントを合わせて最大 37,500ポイント!

 

審査基準

スカイトラベラーは20歳以上で定職に就いていることが基準となっています。

パートやアルバイトの方は厳しいですが、専業主婦の方でも旦那さんの収入が安定しているなら大丈夫です。

カード申し込み時の本人情報記入の際に、以下の点を明記すると審査に有利になります。

  • 電話番号(自宅と携帯の両方とも)
  • 年収および預貯金・有価証券などの資産の額
  • 所有する他のアメックスや他社のクレジットカード

これらの情報は全てあなたの信用度を上げてくれるので、面倒くさがらずしっかりと書きましょう。

本来、謙虚さは大切なことですが、カード審査時の年収や資産の額について、謙虚さを出すのは不利に働いてしまいますので正直に書きましょう。

スカイトラベラープレミアは、アメックスのゴールドカードと同等なので公にはされていませんが年収350万円あたりが基準と言われています。

 

スカイトラベラーの特典とメリット 

通常の買い物100円=1マイル ポイントは無期限

通常の買い物  100円=1ポイント=1マイル  が貯まります。

また、ポイントは無期限です。

家族で国際線ビジネスクラスでの旅行分を貯めるとなると数年かかる場合もあります。そんな時の「失敗あるある」が、ポイントやマイルの有効期限切れです。

マイルに移行する前のポイントには有効期限がないので、ポイントでじっくり貯めて、使う前にマイルへ移行すると失効の心配がなくて良いですね。

数年先の豪華な旅行に向けてじっくりポイントを貯めたい方にも向いています。

 

入会時、カード更新時にマイルが貯まる

毎年ボーナスマイルが貰えます。

スカイトラベラーなら1,000マイル、スカイトラベラープレミアなら5,000マイル。

入会時はもちろん、毎年カードを継続するたびに必ずプレゼントされます。

 

対象航空会社での航空券購入でポイント3倍・5倍

27社の航空会社の航空券を購入するとポイントがお得に貯まります。

スカイトラベラーならポイント3倍、スカイトラベラープレミアなら5倍!

ANAやJAL、バニラエアも対象なので普段は国内線をメイン利用される方でも、3倍、5倍の早さでポイントが貯まっていきますね。

アシアナ航空アリタリア-イタリア航空
エア タヒチ ヌイANA
エールフランス航空エティハド航空
エバー航空エミレーツ航空
オーストリア航空ガルーダ・インドネシア航空
カンタス航空キャセイパシフィック航空
KLMオランダ航空シンガポール航空
スイス インターナショナル エアラインズスカンジナビア航空
スターフライヤー大韓航空
タイ国際航空チャイナエアライン
デルタ航空日本航空
バニラエアフィリピン航空
フィンランド航空ブリティッシュ・エアウェイズ
ルフトハンザ ドイツ航空 

 

日本旅行やアップルワールドでのツアーやJRチケットの購入でもポイント3倍・5倍

搭乗だけでなく、日本旅行でパッケージツアーやホテル、JR・バスチケットの購入でもお得に貯まります。

こちらも、スカイトラベラーなら3倍、スカイトラベラープレミアなら5倍!

特に、「JR・新幹線+宿泊セットプラン」でも3倍、5倍になるのは非常に大きいですね。

また、アップルワールドで手配する海外ホテル代も対象となります。

 

15社の航空会社へマイル交換が可能

メンバーシップリワードプラス(年間3,000円)登録すると  1ポイント=1マイル として以下の15社の航空会社のマイルへ移行できます。

メンバーシップリワードプラスは毎年加入する必要はなく、貯まったポイントをマイルに移行する年だけ入れば節約になりますね。

航空会社ごとにマイルを貯める必要がなく、必要な時に必要な航空会社のマイルへ交換できます。

ANA「ANAマイレージクラブ」

デルタ航空「スカイマイル」

ヴァージン アトランティック航空「フライングクラブ」

チャイナエアライン「ダイナスティ・フライヤー・プログラム」

タイ国際航空「ロイヤルオーキッドプラス」

キャセイパシフィック航空「アジア・マイル」

シンガポール航空「クリスフライヤー」

スカンジナビア航空「SAS ユーロボーナス」

ブリティッシュ・エアウェイズ「エグゼクティブ・クラブ」

アリタリア-イタリア航空「クラブ・ミッレミリア」

フィンランド航空「フィンエアー・プラス」

エティハド航空「エティハド ゲスト」

エミレーツ航空「エミレーツ・スカイワーズ」

カタール航空「プリビレッジクラブ」

エールフランス/KLM航空「フライングブルー」

 

また、直接JALのマイルには移行できませんが、ブリティッシュ航空のマイルでJAL便に乗ることができるんです。

 

同伴者1名までラウンジ無料

以下の国内外の空港ラウンジを無料で利用できます。ゆったりした空間で、雑誌・新聞の閲覧、ドリンク無料で出発前の時間をゆったりと過ごすことができます。

新千歳空港/函館空港/青森空港/秋田空港/仙台空港/羽田空港/成田国際空港/新潟空港/富山空港/中部国際空港/小松空港/大阪国際空港(伊丹空港)/関西国際空港/神戸空港/岡山空港/広島空港/米子空港/山口宇部空港/高松空港/松山空港/徳島空港/北九州空港/福岡空港/長崎空港/大分空港/熊本空港/鹿児島空港/那覇空港/ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)

アメックスでは本人はもちろん同伴者1名も無料で利用できるので、同僚や家族も一緒に入れます。
*他のゴールドカードでも空港ラウンジが無料利用できますが多くは本人のみで同伴者は有料(1,000〜1,500円)となります。

また、多くのラウンジではアルコールは有料となりますが、次の4つのラウンジではアルコール類も無料で飲めます。
・成田国際空港のIASS Executive Lounge
・中部国際空港のプレミアムラウンジ・セントレア
・熊本空港のラウンジASO
・福岡空港のくつろぎラウンジTIME

 

手荷物宅配無料サービス

海外旅行からのご帰国時に空港から自宅までスーツケースを配送してもらえます。

なんと、カード会員お一人様につきスーツケース1個までは無料で配送してくれます。
*成田国際空港、中部空港、関西国際空港のみ

 

海外旅行先でも安心の日本語サポート

旅のスペシャリストが電話で旅のサポートをしてくれます(グローバル・ホットライン)。

しかも、世界中の国々で24時間365日 通話料無料、日本語で海外情報サービスを提供してくれます。

● 旅行関連サービス
・航空券の予約、発券、予約の再確認、変更
・ホテルなど宿泊施設の紹介、予約、取消
・レンタカー/リムジン・サービスの案内、予約、取消
・ローカル・ツアーの案内、予約、取消
● レストランの案内、予約、取消
● ゴルフ・コースの案内、予約、取消
● 主要都市でのミュージカル等のチケットの案内
● 天気予報
● パスポート、査証、予防接種等についての案内
● 最寄りの日本大使館、領事館の案内
● アメリカン・エキスプレスのトラベル・サービス・オフィスの案内
● 海外キャッシング・サービス、現金自動支払機の設置場所の案内
● カード紛失・盗難の処理、再発行の手続き
● T/Cの紛失・盗難の処理
● パスポート、所持品の紛失・盗難時のサポート
● フラワー・デリバリー・サービスの手配
● その他のカードに関する問い合わせ
● 電話による簡単な通訳サービス(ビジネス等の場合を除きます。)
● 通訳派遣のアレンジメント
● メッセージの伝言サービス
● 医師、歯科医、病院、弁護士の紹介

 

スカイトラベラープレミアなら、上記の海外情報サービスに加えて、以下の緊急支援サービスまで付帯されます(オーバーシーズ・アシスト)。

緊急支援サービスは、病気・ケガをサポートする「メディカル・サービス」と、「トラブルをサポートするリーガルアシスト・サービス」からなります。

●メディカル・サービス
・電話医療相談サービス
・病院紹介サービス
・病院の予約および入院の手配サービス
・テレフォン・アシスト・サービス
・医療機関への信用保証サービスおよび資金援助サービス
・緊急移送サービス
・医療関連の派遣サービス
・医療品配送サービス
・治療経過・管理サービス
・ご家族への緊急事態連絡サービス
・帰国手配サービス
・家族緊急旅行サービス
・遺体搬送
・医療費用の精算アシストサービス
・海外旅行傷害保険バックアップ・サービス
●リーガルアシストサービス
・緊急時に弁護士を紹介

・日本の一流渉外弁護士事務所への電話相談が特別料金で利用可能
・最高1000USドルの保釈金を立て替え
・弁護士費用の立て替え

万一、トラブルに巻き込まれた時には手厚く対応してくれるので安心ですね。

カードに付帯する特典の違いをまとめると以下になります。

  • スカイトラベラー ; グローバル・ホットライン(海外情報サービス)
  • スカイトラベラー プレミア; オーバーシーズ・アシスト(海外情報サービス+緊急支援サービス

 

手荷物宅配無料サービス

海外旅行からのご帰国時に空港から自宅まで、カード会員お一人様につきスーツケース1個を無料で配送してもらえます。*成田国際空港、中部空港、関西国際空港のみ

 

海外旅行傷害保険

旅行代金をカード決済すると海外旅行傷害保険が付帯します。

旅行代金をカード決済しないと保険の対象となりませんが、カードで決済でマイルが3倍、5倍と貯まるのでカード決済することが多いはずですね。

家族も補償してくれる点は、さすがアメックスです、

ただ、万一のケガや病気の備えを考えると、万全とは言えない保険の金額かもしれません。

保険で足りない補償額分だけを旅行傷害保険に加入することもできますし、海外旅行傷害保険が付帯する他のカードも持参すれば合算することもできます。

カード会員の保険金

 スカイトラベラースカイトラベラープレミア
傷害死亡・後遺傷害最高3,000万円最高5,000万円
傷害治療費用最高100万円最高100万円
疾病治療費用 最高100万円最高100万円
賠償責任最高3,000万円最高3,000万円
救援者費用保険期間中最高200万円保険期間中最高200万円
携行品損害1旅行中最高30万円1旅行中最高30万円

●カード会員の家族の保険金

 スカイトラベラースカイトラベラープレミア
傷害死亡・後遺傷害最高3,000万円最高5,000万円
傷害治療費用最高100万円最高100万円
疾病治療費用 最高100万円最高100万円
賠償責任最高3,000万円最高3,000万円
救援者費用保険期間中最高200万円保険期間中最高200万円
携行品損害1旅行中最高30万円1旅行中最高30万円

 

また、現地での負傷や発病はもちろん、帰国後に発熱・発症した場合にもシッカリ補償してくれます(以下は補償規約抜粋です)

海外旅行中または旅行終了後72時間以内に発病 し、かつ医師の治療を開始された場 合。ただし旅 行終了後に発病された場合は旅行中に原因が発生したものに限ります。

 

国内旅行については、傷害死亡・後遺傷害保険金だけを対象となります。

国内旅行時の傷害死亡・後遺傷害保険金

 スカイトラベラースカイトラベラープレミア
カード会員最高2,000万円最高5,000万円
カード会員の家族最高1,000万円最高1,000万円

 

航空便遅延費用補償

航空券やパッケージ・ツアーなどをカードで決済した海外旅行時に、航空便の遅延により臨時に出費したご宿泊料金やお食事代が2万円を限度として補償されます

また、手荷物の到着遅延や紛失したことにより負担した衣類や生活必需品の購入費用も補償してくれます。

保険金の種類内容
乗継遅延費用1回の到着便の遅延について
最高20,000円
出航遅延、欠航、搭乗不能費用1回の出航遅延、欠航、運休または搭乗不能について
最高20,000円
受託手荷物遅延1回の受託手荷物の遅延について
最高20,000円
受託手荷物紛失1回の受託手荷物の紛失について
最高40,000円

 

 

その他の特典とメリット 

前述の特典以外のメリットについて一挙紹介します。

トラベル

アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン
カード会員様専用の旅行予約サイトで国内外のホテル、海外航空券、レンタカーなど幅広い旅行商品をオンラインで24時間いつでもご予約できます。

オンラインでカード会員限定の割引サービス
Expedia が8%オフ / アップルワールド.com が5%オフ  /  日本旅行「特選の宿」が5%オフ

空港パーキング
2日前までの予約で、空港からのアクセス良好な駐車場への駐車料金が最大38%オフ。
ー羽田空港、成田空港、関西国際空港、福岡空港ー

海外用レンタル携帯電話

海外用レンタル携帯電話を半額のレンタル料(250円→125円/日)、通話料も通常の10%割引にてレンタルできます。 成田国際空港、関西国際空港、羽田空港(国際線ターミナル)

レンタカー国内利用・タイムズカーシェア
レンタカーは5%オフの料金で利用できます。タイムズカーシェアは通常1,550円の会員カード発行手数料が無料になります。

カードセキュリティ

不正プロテクション
重大な過失がない限り不正使用されたカード取引については原則損害が補償され、損害金を負担するこはありません。

オンライン・プロテクション
オンラインショッピングで万一、第三者による不正が判明した取引については、ご利用金額の負担はしなくて良いという保険です。

ショッピング・プロテクション
カードで購入された商品の破損・盗難の損害を購入から90日間、1名様年間最高500万円まで補償されます。

リターン・プロテクション(スカイトラベラープレミアのみ)
ゴールドカードで購入した商品を万一返品できない場合も、購入から90日以内ならアメリカンエキスプレス が返品を受け付けてくれます。

キャンセル・プロテクション(スカイトラベラープレミアのみ)

急な出張で海外旅行に行けなくなったり、突然の病気・ケガなどで予約していた旅行やコンサートをキャンセルせざるを得ない場合があるかもしれません。

そんな時にも、スカイトラベラープレミアなら、同行する予定のあった配偶者の方の分も併せてキャンセル費用などの損害を補償してくれます。

自己負担金1,000円やキャンセル費用の10%の相当額で年間最大で10万円まで補償してくれます!

 

エンターテイメント

チケットアクセス
e+(イープラス)との提携により、アメリカン・エキスプレスのカード会員様限定で、様々なエンターテインメントのチケットが先行販売されます。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
アメリカン・エキスプレスとユニバーサル・スタジオ・ジャパンTMのパートナーシップによる会員様特典をご利用できます。

 

スカイトラベラーのデメリット

マイルをANAのマイルへ移行することは可能ですが、メンバーシップリワードプラス(年間3,000円)とは別でANAへの移行手数料5,000円が必要となります。

しかも、年間4万マイルまでしか交換できません。

マイルの使い道として、ANAマイルへの交換しか考えていない人にとっては毎年年会費に加えて別途8,000円がかかってしまいます。

このような方には、ANAマイルを貯めることに特化したANAアメックスカードの方が向いているかもしれません。

【2019/10月】ANAアメックスゴールド入会キャンペーン驚愕の最大8.3万マイル!特典とメリット!

 

スカイトラベラーとスカイトラベラープレミアとの比較

2つの比較を表にしました。優れている点を赤で表示しています。

 

スカイトラベラー

スカイトラベラープレミア

年会費(税別)

10,000円

35,000円

家族カード年会費(税別)

5,000円

17,500円

通常の買い物で

100円=1マイル

100円=1マイル

航空券購入で

100円=3マイル

100円=5マイル

日本旅行でのツアーなど購入

100円=3マイル

100円=5マイル

ポイント有効期限

無制限

無制限
ファーストトラベルボーナス

5,000マイル

10,000マイル

継続ボーナスマイル

1,000マイル

5,000マイル

15社へのマイル交換

ラウンジ利用

同伴者1名まで無料

同伴者1名まで無料
海外での日本語サポート

海外情報サービス

海外情報サービス
緊急支援サービス

海外旅行傷害保険

3,000万円(利用付帯)

5,000万円(利用付帯)

航空便遅延費用補償

最高4万円

最高4万円

リターン・プロテクション

なし

あり

キャンセル・プロテクション

なし

最大10万円まで

ラウンジ利用

同伴者1名まで無料

同伴者1名まで無料

スカイトラベラープレミアが年会費の元を回収できる利用金額とは?

スカイトラベラーとスカイトラベラープレミアの年会費の差25,000円を上回るマイルを貯めるために必要な飛行機の利用金額とは?

それは、貯めたマイルで将来、ファーストクラス?ビジネスクラス?どちらでの旅行を考えているのかによって決まります。

ファーストクラスでの特待航空券の場合、1マイル=10〜17円の価値に相当します。

利用額が年間10万円の場合、貯まるマイル差 2,000マイル= 20,000〜34,000円になります。

マイルの価値は時期や行き先によっても変動しますが、ザクっと10万円あたりが分岐点となりそうですね。

次に、ビジネスクラスでの特待航空券の場合、1マイル=4円以上の価値に相当します。

利用額が年間30万円の場合、貯まるマイル差 6,000マイル= 24,000円以上になりますので、分岐点は30万円あたりだと言えます。

ファーストクラスでの旅行を目指すなら年間10万円以上

ビジネスクラスでの旅行を目指すなら年間30万円以上

スカイトラベラーをお薦めする方

  • 飛行機によく乗る方
  • 日本旅行のツアーをよく利用する方
  • 年会費を抑えたい方

スカイトラベラープレミアをお薦めする方

  • 飛行機に頻繁に乗る方
  • 日本旅行のツアーをよく利用する方
  • 海外での手厚いサポート&補償を受けたい方

スカイトラベラーをお薦めできない方

  • 飛行機にあまり乗らない方
  • マイルの交換先としてANAしか利用予定のない方

 

 

まとめ

お申し込みを検討されている方は、「今の自分の生活スタイル」と「貯めたマイルの使い先」に合う1枚を見つけてください。
なお、カード発行される際は少しでも多くのマイルを獲得されるよう願っております。
スカイトラベラー 、スカイトラベラー プレミアを発行される方はこちらからお得な紹介特典が獲得できます。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

こちらから、ランキング内の他の素晴らしいブログもご覧になれます。
  ☟☟☟     
にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ