ANAマイレージクラブとは?マイルのメリット・デメリットは?利用・入会方法も解説!

 

ANAマイレージクラブって?
飛行機にはほとんど乗らないけどマイルは貯まるのかな?

そのような悩みにズバリお答えします。

ANAマイレージクラブ、ANAマイルの特徴やデメリットについて解説!

飛行機に乗ること以外のマイルの貯め方、使い方を紹介!

 

 

ANAマイレージクラブとは

いわゆるANA(全日空)のポイント会員のことで、お店のポイント会員と同じです。

ただし、ANAではポイントではなく、マイルを貯めていきます。

そして、貯めたマイルで航空券(特待航空券)に交換して無料で飛行機に乗ることができます。

マイルがたくさん貯まれば、往復で200万円もするような国際線ファーストクラスに乗ることもできます。

貯めたマイルでお得な旅や、豪華な旅行をしてみませんか?

 

ANAマイルについて

1マイルの価値

1マイル=1円 ではありません

例えば、2019年7月下旬に、東京ーロンドン間をファーストクラスで往復すると、約283万円かかります。

同時期に同じルートをマイルで手配すると18万マイルが必要となります。

これより、

2833,8900円÷180,000マイル = 15.7円/1マイル

よって、この際の国際線ファーストクラスのマイルの価値は 1マイル=約16円 となります。

実際には時期によって金額は変動するため、一般には以下のようになります。

国際線ファーストクラス; 10円〜17円
国際線ビジネスクラス;  6円〜10円
国際線エコノミークラス;  4円〜6円
国内線; 1.5円〜3円

 

 

ANAマイルのメリット

入会金・年会費無料

入会金・年会費ともに無料です。

マイルを貯めやすい

搭乗だけでなく、日常生活の買い物や外食など様々なシーンで貯めることができます。 むしろ、よぼどの回数を飛行機に乗る方以外は、飛行機以外で貯めるマイルの方が多くなります。

飛行機に乗る以外でマイルを貯める例としてこれらがあります。

ちなみに、搭乗以外をメインとしてマイルを貯める人々のことを陸マイラーと呼んだりします。

 

マイルを使いやすい

使う場合は、特待航空券への交換が一番お得です。

他には、SKYコインに交換してANAのツアーの代金支払いに充てたり、ホテル宿泊に使うこともできます。

マイルの使い道についてはこちらを参照ください 第5回「ANAマイルの使い方」

 
ANAカードファミリーマイル

登録すると最大10名までのマイルを合算し、家族で貯め合うことができます。

日本在住のANAカード本会員およびその家族で生計を同一にし、同居する配偶者・同性パートナーおよび一親等以内の家族が対象です。

家族が18歳以上の場合は、ANAカード本会員またはANAカード家族会員である必要があります。

家族が18歳未満の場合は、ANAマイレージクラブ会員である必要があります。

登録の詳細; 【公式】ANAカードファミリーマイル

 

家族で使い合える

貯めたANAマイルで特待航空券を発行する際も、家族で使い合うことができます。残念ながら友達や恋人へプレゼントはできません。

特待航空券をプレゼントできるのは以下の対象者のみとなります。

  1. 会員の配偶者、同性パートナー
  2.  2親等以内のご家族

上図の家族やパートナーで、特典利用者の登録を完了した方がマイル特待航空券の予約を行うことができます。

2親等以内なのでマイルを貯め合う時よりは多くの家族が対象となります(例;祖父や祖母)

特典利用者の登録; 【公式】特典利用者登録

万一、訂正や削除の必要がある場合は、1件につき5,000マイルが必要となりますので、間違いのないよう登録してください。

 

ANAマイルのデメリット

ANAマイルの有効期限

貯めたマイルはご利用になった月から数えて36ヵ月後の月末まで有効です。

3年しか無いので、目標に達する前に失効してしまわないように計画的に貯めて使う必要があります。

 

予約が取りづらいことも

特待航空券用の座席数は多くないため人気路線では早い者勝ち状態です。

特に、国際線ビジネス・ファーストクラスのハイシーズンでは予約開始後すぐに満席になってしまうこともあります。

 

国際線に必要なマイル数

ANA国際線特待航空券のゾーン区分と必要マイル数を示しました。

国際線の特待航空券は往復でしか手配できません。

レギュラーシーズンにおける必要マイル数(往復のフライト分)

 日本からの行き先

エコノミー

プレミアム
エコノミー
ビジネス

ファースト

韓国

15,000

30,000

アジア1

20,000

40,000

アジア2

35,000

51,000

60,000

105,000

ハワイ

40,000

58,000

65,000

120,000

北米

50,000

72,000

85,000

150,000

欧州

55,000

77,000

90,000

165,000

オセアニア

45,000

62,000

75,000

*ハイシーズンの時期は行き先により多少変わりますが、一般にGW、夏休み(7月中旬〜お盆明け)、冬休み(12月中旬〜正月明け)です。
*ローシーズンの必要マイル数はレギュラーシーズンに比べて3,000〜10,000マイルの幅で下がります。
詳細は https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tukau/award/int/usage.html

 

国内線に必要なマイル数

ANA国際線特待航空券(マイルでの往復航空券)のゾーン区分と必要マイル数を示しました。

路線片道(往復の場合は2倍)
東京ー大阪6,000
東京ー札幌7,500
東京ー福岡7,500
東京ー沖縄9,000
大阪ー札幌7,500
大阪ー沖縄7,500
沖縄ー札幌10,000

 

ANAマイレージクラブ入会方法

以下のANA公式サイトから入会できます。
ANAマイレージクラブ入会のご案内

氏名・性別・生年月日・住所などを入力して数分で完了できます。

 

まとめ

ANAマイレージクラブについて紹介してきました。

  1. 入会金、年会費無料で、マイルは搭乗以外にも貯める方法がたくさんある
  2. マイルは特待航空券以外にもツアー代やホテル代支払いなどに充てることもできる
  3. 家族で貯め合うことも使い合うこともできる
  4. デメリットはマイルの有効期限は3年しかない。人気路線では特待航空券が取りにくいこともある。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

次は、「 マイルが貯まるオススメのANAカード 」についてお伝えします。

 

あわせて読みたい