ANAマイルの価値は?使える家族はどこまで?有効期限は?徹底解説します!

ANAマイルの価値

1マイル=1円 ではありません

例えば、2019年3月初旬、東京ーロンドン間をファーストクラスで往復すると、2778,000円がかかります。

同時期に同じルートをマイルで手配すると165,000マイルが必要となります。

これより、

2778000円÷165000マイル = 16.8円/1マイル

よって、国際線ファーストクラスのマイルの価値は 1マイル=約17円 となります。

実際には時期によって金額は変動するため、一般には以下のようになります。

国際線ファーストクラス; 10円〜17円
国際線ビジネスクラス;  4円〜10円
国内線; 1.5円〜3円
 

行き先ごとの必要なANAマイル数

ANA国際線特待航空券(マイルでの往復航空券)のゾーン区分と必要マイル数を示しました。

レギュラーシーズンにおける必要マイル数(往復のフライト分)

 日本からの行き先

エコノミー

プレミアム
エコノミー
ビジネス

ファースト

韓国

15,000

30,000

アジア1

20,000

40,000

アジア2

35,000

51,000

60,000

105,000

ハワイ

40,000

58,000

65,000

120,000

北米

50,000

72,000

85,000

150,000

欧州

55,000

77,000

90,000

165,000

オセアニア

45,000

62,000

75,000

 

ハイシーズンにおける必要マイル数(往復のフライト分)

 日本からの行き先

エコノミー

プレミアム
エコノミー
ビジネス

ファースト

韓国

18,000

33,000

アジア1

23,000

43,000

アジア2

38,000

54,000

63,000

114,000

ハワイ

43,000

61,000

68,000

129,000

北米

55,000

77,000

90,000

165,000

欧州

60,000

82,000

95,000

180,000

オセアニア

50,000

67,000

80,000

*ハイシーズンの時期も行き先により多少変わりますが、一般にGW、夏休み(7月中旬〜お盆明け)、冬休み(12月中旬〜正月明け)です。
*ローシーズンの必要マイル数はレギュラーシーズンに比べて3,000〜10,000マイルの幅で下がります。
詳細は https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tukau/award/int/usage.html

 

貯めたANAマイルを使い合える範囲はどこまで?

貯めたANAマイルで特待航空券を発行する時に、誰にでもプレゼントできる訳ではないんです。

特待航空券をプレゼントできるのは以下の対象者のみとなります。

  1. 会員の配偶者、同性パートナー
  2. 2親等以内のご家族

上図の家族やパートナーで、特典利用者の登録を完了した方がマイル特待航空券の予約を行うことができます。

特典利用者の登録はこちらからできます↓↓
https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tukau/register.html

登録は間違いのないよう正確に行ってください。

万一、訂正や削除の必要がある場合は、1件につき5,000マイルが必要となります。

 

ANAマイルの有効期限

ご利用になった月から数えて36ヶ月後(3年後)の月末、となります。

また、特典交換にマイルを利用する際には口座にある積算月の古いマイルから順に使用されます。

 

ANAマイルの有効期限を延ばす裏技

有効期限が切れそうなマイルの有効期限を約1年延長させる裏技があるんです。

それは、ANAマイルをANAスカイコインに交換する方法です。

ANAスカイコインとは、以下のような、ANAのweb上でチケット購入に使える電子マネーのようなものです。

 

ANAスカイコインの有効期限は交換から12ヶ月なので、有効期限が切れそうなマイルの期限を1年延長することができます。

 

ANAマイルが貯まりやすいカード

ANAマイルが貯まりやすいクレジットカードの紹介と、数万マイル以上が貰える申し込み前限定のお得な方法やキャンペーンについてまとめました。

よかったら参考にしてください。

【最大8.3万マイル】3重お得なANAカード入会術! マイ友プログラム紹介番号とキャンペーン併用!2019年10月版